第三日目(6/5)

ダブルスの表彰の後、学校対抗・シングルスの決勝までが行われました。

熱戦に次ぐ 熱戦が繰り広げられました。

女子ダブルス2年連続優勝

小野・井上組(白鵬女子高)

男子ダブルス優勝

佐藤・柴田組(作新学院高)

40年連続出場を優勝で飾りたい

湘南工科大附

自校だけでなく、

栃木県勢初の優勝を目指す

作新学院

湘工2−1で迎えた4番S

ダブルス全勝の勢いで

逆転を目指した作新・柴田

柴田に個人戦で敗れた

湘南工大附・金井が3−2で

雪辱を果たし優勝を決める

前年の3回戦敗退の雪辱と

3年ぶりの優勝に、喜びを爆発

させた湘南工大附メンバー

関東選抜に続き優勝を目指す

白鵬女子

打倒白鵬女子と

4回目の優勝をねらう

武蔵野

唐沢・有坂組(武蔵野)の勝利が

逆転勝利の起点に

最後まで攻め抜いた武蔵野に

勝利の栄冠がもたらされた

女子シングルス優勝

村山(木更津総合)

女子シングル準優勝

亀崎(川口総合)

2年連続男子シングルス優勝

胡(狭山ヶ丘)

男子シングルス準優勝

高木(湘南工大附)

男子学校対抗優勝

湘南工大附(神奈川)

女子学校対抗優勝

武蔵野(東京)

シングルス優勝

村山・胡の両選手

 

戻る